Menu
HOME>ホットトピックス>高齢化社会になる中で役割が重要になっています

マイペースで働けます

医療系の資格を持っていることで、就職や転職活動がスムーズになります。中でも介護系の資格は、高齢化社会の中でも抜群の強さを発揮しています。介護系の資格の中でも、登竜門と言われるのが介護福祉士です。介護士として一定の経験があれば、介護福祉士の試験にチャレンジすることが出来ます。正規雇用はもちろんですが、派遣やパート求人の数も右肩上がりに増えています。特に派遣の場合は、一度登録をしておくと必要な時に連絡が貰えます。

シニアの活躍

介護福祉士の派遣が選ばれる要因としては、シニアの採用の多さが挙げられます。60歳以上の方が多く活躍していて、時給を含めた待遇も上がって来ています。また、福利厚生に関しても正規社員との差はほとんどありません。派遣会社にはコーディネーターがいますし、各種トラブルにもスピード感をもって対応してくれます。パソコン講習やマナー講座も開設されていて、面接の際にも自信を深めてくれるはずです。日本の少子高齢化は急速に進んでいて、介護福祉士の需要はまだまだ増えると言われています。難関の資格ではありますが、若いうちに取っておくことで将来の役に立ちます。働く選択肢が増えます。

広告募集中